中古白ロムとSIMフリースマホで失敗した話

↓本ブログ著者の格安SIM歴はこちら↓

・auでSHL22を2年間使い続ける

・2年間契約更新前に、mineoのauプランへ移行

・約半年後、SHL22を濡らしてしまい、動作が怪しく。機種変を考える。

=====今回の失敗を体験=====

・その後、HuaweiのP9_liteで、mineoのdocomoプランへ移行←new!!

BOOKOFFで中古白ロムを購入した話

SHL22を格安SIMで使っていたときから、白ロムの通販や、BOOKOFFの中古スマホをチェックしていました。

SHL22がもし壊れたら、中古のスマホで機種代を抑えようと思っていたからです。

近所のBOOKOFFで、約1万くらいのSOL23を見つけたので、SHL22の代替機種として購入しました。

SOL23,白ロム,中古スマホ,SIM

(SOL23は、SHL22の次に出たSONYのスマホですね。)

なかなか良い買い物をしたと思っていました。

BOOKOFFも動作保証をした上で、扱っているということなので、特に動作の心配などはしていませんでした。

それに、レシートには3ヶ月動作保証。3ヶ月以内の動作不良は返金の対象です。

ところが

充電をして早速、SIMカードを挿し直して使おうと思ったところ。

SOL23,白ロム,中古スマホ,SIM

SOL23、再起動を繰り返す、、、、、、、、、、

SIMカードを抜いたり、リセットボタンを押したり、なんとか起動させようと奮闘させるにもあえなく、特に進展なし、、

(いわゆる、例のソ○ータイマー??????)

おそらく、BOOKOFFの棚に降りる前には、動作していたのかもしれませんが、それなりに時が経っていたので、それないりに劣化していたのでしょう。。。

当時、仕事が忙しいこともあり、3ヶ月保証の返金にも行けず、痛い出費となってしまいました。。。。

購入したスマホとSIMカードが対応していなかった話

BOOKOFF事件のあと、気を取り直して、格安スマホの新品の購入を考えました。

ネットでの口コミなどを収集すると、どうやら、HuaweiのP9 liteという機種がコスパが良いらしい。という結論になりました。

約24,000円ほどで、とてもお手頃感満載ですね。

当時、とても人気の機種で、mineoでも品切れだったと記憶しています。

しかし、Amazonで偶然新品を見つけることができて、購入に踏み切りました!

ところが、

いざ、開封&SIMカード挿入、というところで

SIMカードを挿して起動したのは良いのですが、電話の電波、3本線が立たない、、?

SIMカードを挿し直して起動をしたりしましたが、改善されず。

まさか、と思いネットで調べてみると。なんと

HuaweiのP9 lite,au系のSIMカードでは、通話に対応せず。

つい、人気機種のコスパが素晴らしい機種を手に入れたことで有頂天になっていました、、

データ通信はできるので、youtubeを見たり、ネット閲覧などは問題なくできました。

ただ、LINEの引き継ぎをうまく完了できず、LINEは止まってしまうし、焦りましたが

辛うじて前機種のSHL22が動いていたので、なんとか持ちこたえました。

結局、P9 lite通話データ通信をするためには、docomo系SIMカードに乗り換えるしか方法がなかったために、

docomo系SIM(Dプラン)に対応して間もないmineoで、SIMカードの変更手続きを行い、手数料の3,000円を出費する羽目になりました、、

mineoがdocomo系にも対応してくれていて本当に良かった、、

SIMフリースマホを買う前にSIMカードの対応を調べること

今P9 liteを使い始めて、半年以上たっていますが、特に変な動作もなく、電池の持ちもよく、不快な思いはしていません。

が、SIMフリースマホだからといって、どのSIMカードでも使えるわけではない

ので、

気をつけてください、しっかり調べてください。笑

格安スマホ、SIMフリースマホを買う前のチェック点は

格安SIMやスマホの購入前にチェックすべきこと

mineoでも、SIMカードの購入間違いなどで、交換の問い合わせが増えていると公式サイトで見ました。

皆様、いまいちど、SIMカードや、SIMフリースマホへの機種変をお考えの方は、スマホとSIMカードの対応は確認しましょう。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加