MVNOによる修理・保証まとめ|これでスマホは安心

MVNOのスマホ保証サービス(破損・水没等)

三大キャリアから、格安SIMを使うべくMVNO移行をしたいけれども、

「「スマホが故障したときに、どこに聴けばいいのかしら…」」

と不安を抱くかたは多いようです。

スマホ,simカード,破損,修理

今までは、auショップ、docomoショップ等にスマホを持っていけば、代替機をもらったり、修理をしてくれたり、解決できましたよね。

修理・保証ってMVNOでしてくれるの?

端末の修理・補償はMVNOによってまちまちです。

おおまかに、次の2つのタイプに別れます。

  1. MVNOが販売している端末・スマホなら保証
  2. MVNOSIMカードを使っていれば保証

この2つのタイプについて、au系MVNOdocomo系MVNOの保証の仕方を調べてみました。

MVNOが販売する端末・スマホの保証

au系MVNO
  • mineo
    • 携帯安心サポート
    • 端末1台につき、月額料金370円(税抜き)
    • 端末購入時のみ、申込可能(後から加入はできません
    • 修理代金の割引(1回目5,000円、2回目8,000円/1年に2回まで)
    • 修理時は代替機の貸出あり(自宅にお届け
    • 自宅にて代替機と修理機を交換
  • UQ mobile
    • 端末保証サービス
    • 月額料金380円(税抜き)
    • 端末購入時のみ、申込可能(後から加入はできません
    • 修理代金の割引(最大5,000円、利用上限なし)
    • 修理時は代替機の貸出可(有料)
    • 自宅にて代替機と交換or郵送

どちらのMVNOも、それぞれが販売している端末を購入している場合にのみ保証サービスへの加入手続きができます。

例えば、UQmobileを申し込むときに、UQmobileが売っているスマホ購入し、かつUQmobileのSIMを契約する場合にのみ、この保証サービスを申し込むことができます。

両社とも、SIMカードのみの契約になると、スマホや端末の保証は受けられないことになります。

また、両社のスマホ以外(mineoのSIMカードを挿しているauのスマホなど)の修理に関しては、実費負担+事務手数料で受け付けています。

docomo系MVNO
  • DMMmobile
    • 端末交換オプション
    • 端末1台につき、月額料金350円(税抜き)
    • 端末購入時のみ、申込可能
    • 端末修理ではなく、新品相当のものに交換(3,000円、年に1回限り)
    • 交換機を郵送され、故障機を返送
  • IIJmio(みおふぉん)
    • 端末交換オプション
    • 端末1台につき、月額料金380円(税抜き)
    • 端末購入時のみ、申込可能
    • 端末修理ではなく、新品相当のものに交換(1回目5,000円、2回目8,000円/1年に2回まで)
    • 交換機を郵送され、故障機を返送
  • b-mobile
    • 購入から1年間は無償修理
    • それ以降は、修理検証代+修理費がかかる
    • 交換機を郵送され、故障機を返送
  • BIGLOBE SIM
    • 端末あんしんサービス
    • 端末1台につき、月額料金300円~(税抜き)※端末によって料金が異なる
    • 端末購入時のみ、申込可能
    • 端末修理ではなく、新品相当のものに交換(1回目5,000円、2回目10,000円、3回目以降15,000円)
    • 交換機を郵送され、故障機を返送
  • TONE mobile
    • 安心オプション
    • 端末修理が必要であれば、お見舞い金を申請できる。
    • 対象:TONE mobileが提供する通信端末

au系のMVNO同様、以上に紹介したdocomo系MVNOさんは、自社のスマホ以外は保証してくれません。

上記のMVNOさんから格安SIMのみ購入する場合は、スマホの保証はつかないと思ってください。

ここで、飛び抜けてすごい保証のMVNOが1つありましたので、ご紹介をば。

MVNOのSIMカードを契約していれば保証

  • U-mobile: ユーモバイル(docomo系MVNO)
    • 端末保証お見舞金サービス
    • 契約は好きなときに可能
    • 月額料金500円(税抜き)
    • お見舞い金を申請できる。(1年に2回まで、最大50,000円)
    • 対象:契約者が所有するインターネット接続が可能な通信機器
      (これ、自分保有のスマホ以外にPCなども対象に入ってます)

すなわち、U-mobileの契約していて、このサービスに加入している場合

使用しているスマホ(どこのメーカーでも良い)や、自分の所有しているPC

その他インターネットに接続できる通信機器全て故障に対して

お見舞金をいただけます。

このU-mobileの場合、代替機交換&修理ができる保証ではありません。実費でスマホやPCの修理をする場合に、お見舞金が出る、という形となります。

スマホの修理・保証という点でおすすめのMVNO

これっきゃないでしょ。という断トツ保証のU-mobile

ほとんどのMVNOが、自社販売のスマホ以外を保証しない中

ユーモバイル保証はインターネットに接続出来る機器であれば

修理費お見舞金をだしてくれます。

どこのスマホを使っていようが、修理に出したらお見舞金。

スマホのテザリングに乗っかって使っているPC修理費にも

お見舞金。

SIMカードや、スマホのみが対象ではないところが

U-mobileの断トツの強みです。

→詳細はU-mobile: ユーモバイル公式HP

SIMカードを紛失した場合の保証は?

ちなみに、SIMカード自体に何かあった場合

SIMカード紛失・破損などに関しては、どこのMVNOも

SIMカード発行手数料約3,000円を払うことで、再発行

してもらえます。

MVNOのスマホではない自分のスマホが故障した場合

MVNO乗り換える際に、スマホSIMカードセット購入を考えている方は上記の保証に入れば心配無用だと思います。しかし、3大キャリアスマホにMVNOの格安SIMカードを挿す使い方を考える人もいますよね。(私ですが)

MVNOSIMカードを利用している端末・スマホ故障してしまった場合、修理をするのであれば、元のキャリアショップに持っていく必要があります。そこで修理費の見積もりをしてもらった後、実費修理という流れになるようです。

私の場合、auのSHL22を+mineo格安SIMで利用しているので、今のスマホが壊れたらmineoに保証してもらえません。

もし破損などをした場合、今考えいている対処法としては、このSHL22は二年間以上使っているわけですし、修理に出すよりも中古スマホで良いものを購入しようかなーと考えています。

参考記事:中古スマホや白ロムでスマホ代の節約

最近はMVNOのスマホでも新品3万円代のものが出てきていますし

mineoのVoLTE対応au,docomoの電波が使える機種とか(記事内で紹介))

、中古で良いのがなければMVNOでスマホを購入しても良いかもしれませんね。

以上、自分にあった保証をしてくれるMVNO選ぶというのも

有りですね( ´ ▽ ` )ノ安心安全☆

余談ですが、ロボマツコで売り出しているMVNOの保証については以下の通りです。

OCNモバイルONE

  • 端末補償サービスはありません。
  • 電話でサポート+クラウドによるデータ取り置きサービスなら有り

スマホ・端末の保証は一切ないようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加