SIM無しスマホの使い道を考えてみた

SIMが無くてもスマホは使える。

もちろん、タブレットや、ガラケーと言われる携帯電話も。

SIMカードがない場合、そのSIMカードで使う電波がそのスマホ端末に届かなくなります。

080から始まる電話番号を使った通話や、3G・LTEの通信が、その端末単体では出来なくなります。

でも、それだけです。

カメラ用に使う

デジカメ的な使いかたが出来ますね。通信も特に必要ではないです。

音楽プレイヤーとして使う

スマホmicroSDに音楽データを詰め込んでしまえば、立派な音楽プレイヤーになりますね。

パソコンで取り込んだファイルをmicroSDに移し、スマホに挿してしまえばOKです。

Wifiに乗っかる

SIMカードが挿さっていなくても、Wifiの電波は使えます。

そのため、データ通信制限のあるSIMカードではしづらい、動画再生重いゲームDLプレイなども可能です。

Wifi自宅無線LANが飛んでいる方は使えますし、カフェなどの公衆無線LANには誰でも接続することができます。

動画再生用に使う

Youtubeニコニコ動画などは、動画のデータを通信する必要があるので、結構膨大なデータ量を通信することになります。

データ通信制限3GBのSIMカードであれば、SNS・ニュースアプリ・ブラウザを日常的に使っている場合、通信上限を気にしながら動画閲覧をするレベルだと思います。

動画をよく見る方は、自宅wifi公衆wifiで通信した方が、気がかり無く、動画を楽しめると思います。

ゲーム用として使う

ゲーム用端末として、オンライゲームや大作ゲームのダウンロート+プレイをするのも良いでしょう。

結構ハイクオリティなオンラインゲームだったりすると、追加データで1GBとかDLしますよね。

しかも、アップデートや、ゲーム内通信も加味しないといけないので、データ通信制限がある場合なかなかやっかいです。

ゲーム本体のダウンロートだけ、どこかのwifiを使い、ゲームプレイは、メイン端末テザリング機能を使いながら行う、というのも可能ですね。

テザリング機能について
スマホAがテザリング機能をオンにした場合、他のスマホで、スマホAの通信回線(電波)を使うことが出来るようになります。

データ通信での通話用

データ通信で出来る電話、すなわちLINESkypeカカオトークと言ったアプリの事ですね。

長電話をしたい方にとっては、通話機能付きSIMのプランでは心もとない可能性が高いです。

通話し放題プランを持っているMVNOもありますので、その場合は除きますが。

長電話するのであれば、LINESkypeWifiで使ってしまえば、事が済みます。

これも、データ通信量に制限があるSIMカードだと、少し気がかりですね。

まとめ

Wifiさえ確保できれば、できることは無限大ですね( ´ ▽ ` )ノ

バッテリーなどに問題なければ、2つ持ちで使い分けは十分可能かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA