SIMとMVNOとは?どういう関係?

SIMとMVNOとの関係

SIMカードとは通信キャリアごとに違っています。

KDDI,docomo,Softbankそれぞれのカードがあります。

これは、この3社が使っている通信回線(電波)の範囲が違っているからです。

参考資料→総務省資料:キャリア3社の通信方式・周波数帯

通信方式も違いますので、それが故にSIMロックにつながっていましたね。

簡単に言うと、通信の仕方・通信をするために使って良い電波、がそれぞれ3社ごとに決まっているということです。

使える電波も無限にあるわけではありませんので。

SIMカードはどこの電波を使っているのか

それでは、SIMカードを売っている会社は、どこの電波を使っているんでしょう???

KDDI,NTT,Softbank、キャリア3社のものです。

SIMカードを売っている会社は、これら3社のいずれかと契約し、電波を借りています。

こういった会社のことを、仮想移動体通信事業者、いわゆるMVNOと呼んでいます。

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)とは

先ほど、MVNOのことを「SIMカードを売っている会社」と表現しましたが、厳密に言いますと

キャリアから電波を借りて、それを使えるSIMカード+サービスを提供している会社

となります。

こういった背景から、MVNOには、KDDI(au)系NTT(docomo)系Y!mobileSoftbank)系、とジャンルが分かれています。

つまるところ、例えばNTT(docomo)系のMVNOでSIMカードを買った場合、そのSIMカードでする通信はNTT(docomo)の電波・回線を使うことになります。

ちなみに、もともとの電波を持っているKDDI,docomo,SoftbankのことはMNOと呼ばれています。3大キャリアとも聞きます。

MVNOとSIMカードと電波と

SIMカードを選ぶにあたり、このことは考えたほうが良いかもしれません。

何故かと言いますと、普段私達が使っているスマホ・携帯での電波状況が参考になる可能性があるからです。

私は長年キャリアでauを使っていますが、Softbankやdocomoで電波が入らないところで辛うじて電波が入るなど、体感的に電波の範囲が広いのかなと思っています。(個人の意見ではありますが。)

山には弱い、や壁が厚いところには弱い、等キャリアによって少し特性があるため、その系列のSIMカードも同様のことが言えると考えます。

今までauを使っていた方が、docomo系のSIMカードを使った場合、電波があるないの感覚がなんとなく違うかもしれませんね。

また、mvnoによってつながりやすさにも違い出てくるのは明らかです。

何系のSIMカードなのか、mvnoの利用者が多いのか少ないのか、電波が多いのか少ないのか、様々な観点があります。

評判なども調べてみるとよいでしょう。

それでは、良いMVNO選びを( ´ ▽ ` )ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA