SIMで節約する前にチェックしておきたいこと

SIMフリー化により、私達は自分の通信・通話スタイルに合わせてSIMを購入することが出来るようになりました。
選択肢が多い、自由度が高い、毎月の通信費節約にもなる、でもだからこそ踏み出す前にチェックしておきたいことがあります。

こんなことが起こるかも:格安SIMを使う注意点

格安SIMを間違うとLINEが使えなくなる?!

LINEアイコン

実は、LINE電話番号を用いて認証(ログイン)をしています。

つまり

LINE電話番号がないと使えません。

Facebookと連帯すると、電話番号無しでもLINEを使うことができます。

facebook,line,sim

電話番号の認証を使わない場合は事前にFacebookの連帯を通して設定をしておく必要があります。

FacebookとLINEを関連付られる方は特に問題ありませんが、Facebookをやっていなかったり、紐付けたくない方の場合

電話番号必須です。

そのため、格安SIMを選ぶときに、電話番号を持つことができない「データ通信専用SIM」を購入した場合、Facebook以外での認証の仕方がなくなってしまいます。

LINEやSkypeこういったアプリを使えば通話料はかからないので、なかにはこう考える方もいるかもしれません。

「LINE通話できてしまうから、電話番号も要らないんじゃない?」

LINEで通話できるし、わざわざSIMカード通話対応してなくても良いんじゃないかな?

様々なMVNOがありますが、どこの格安SIMも通話機能のないデータ専用SIMは、通話対応SIMと比べると、お手頃ですよね。そっちのほうが安いし。

しかし、Facebookやってない、FacebookとLINEを連帯させたくない!という方は

データ通信だけではなく通話対応SIMを選んで電話番号を持つと後々困らないと思います。

これまでの携帯メールアドレスが使えない・・・

キャリア3社(au,docomo,Softbank)ではなく、MVNOSIMカードに移行した場合、こういうことが起こります。

今まで、「~@ezweb.ne.jp」や「~@docomo.ne.jp」、「~@softbank.ne.jp」といったメールアドレスを持っていたし、使っていたと思います。

MVNOでSIMカードを買った場合、メールアドレスは、その会社のドメイン@より後ろのアドレスのこと)を使うことになります。

つまり、メールアドレスが変わってしまいます。

たとえば、au回線が使えるMVNOmineoでは「~@mineo.ne.jp」となります。

今までauだった人が、docomoに変えたら、docomoのメールアドレスを使うことになりますよね、それと同じ、ということです。

今まで使っていたメールアドレス使えなくなりますので、頭に入れておいてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

電波が一切はいらない、通信できない

SIMカード入れてみたは良いけど、全然電波が立たないぞ??

これは、基本的にそのSIMカードがあなたのスマートフォン端末対応していないから起こります。

MVNO各社のHPには、そこのMVNOが売っているSIMカードがどの機種対応しているか、どの電波に対応しているか、記述があるはずです。

一番まずいのが、例えばauのスマホにdocomoSIMカードを入れてみた」です。

auのスマートフォン、端末は、KDDI電波を使うように作られています。そのため、NTT(docomo)の電波には対応していなかったり電波を取ることができなかったりします。

端末によっては、違うキャリアの電波でも通信できるものもあります。(SIMフリースマホマルチキャリアスマホなど)

ちょっとよくわからないです・・・という方は、基本的に、

・auのスマホならKDDI(au)系MVNOのSIMカード、
・docomoならdocomo(NTT)系、
・SoftbankならY!mobile(Softbank)系

と対応したものを使うことをおすすめします。無難です。

どこのキャリアでもない、SIMフリースマホSIMフリー端末として売っているものは、この限りではありませんが、KDDI,NTT,Y!mobileのどこの電波が使えるのか、チェック出来るならしたほうが良いでしょう。

通話料が掛かり過ぎる!

これまで、携帯スマートフォン通話し放題プランなどに加入していた方は、同じように通話対応SIMカードで通話すると、とんでもない通話料になってしまうかもれしれません。

MVNOには通話のプランがあるところが多くはありません。大分部のMVNOは20円/30秒で通話料がかかります。

ただ、MVNOの中でもかけ放題のようなプランを持っているところもあります。

dcomo系MVNOのもしもシークス(エックスモバイル)では、3キャリアのかけ放題プランより安いプランを提供しています。最大月300回通話無料プランがあります。もしもシークスに乗り換えて通信費を節約!

端末の保証がなくて修理してくれない?!

キャリアで使っていたスマホ・携帯では、壊れた・水没などに対応してくれる保証サポートがありました。

修理してもらう時、キャリアショップに持っていけば代替機を貸してもらえたりしましたね。

しかし、MVNO移行した場合、そのMVNOが扱っている端末に関してはサポートがありますが、それ以外の端末は保証外になることが大部分です。

自分スマホ壊しやすいんだよなぁ・・・という方は気をつけた方が良いですね。

例えば、auのスマホをそのまま使い、SIMカードUQモバイルの物にした場合

UQモバイルで扱っているスマホでなければ、水没などの故障があった場合、補償してもらえません

つまり、UQモバイルのスマホで、UQモバイルのSIMカードを契約する場合には、その端末補償してもらえます。

大部分のMVNOは「うちが扱っているスマホ+うちのSIMカードで使ってくれたら補償するよん」てな感じです。

それから、MVNO移行した元のキャリアのスマホ故障した場合、元のキャリアショップに持って行っても対応してもらえませんので注意です。

例えば、docomoで買ったスマホdocomo系MVNOSIMで利用している場合

docomoのスマホ壊れちゃったー修理してもらお→
docomoショップ→
docomo「うちのSIM使ってないなら修理しないもん」

となります。

docomodocomo系MVNO回線は同じでも会社としては別なので。

とはいうものの、

MVNOの中には、そこのSIMカードを使っている端末なら補償してくれるところもあります。
U-mobile: ユーモバイルです。docomo系MVNOです。

SIMカードを使用した場合は、スマホがどこのメーカーでも、補償をしてくれます。

2社「うちのSIMカード使ってくれたら、あなたのスマホ・端末補償するよん」

という感じです。

詳しくはスマホが故障した際のMVNOの対応まとめでまとめてありますので、ご参考までに。

auのVoLTEスマホでSIMロック解除が必要なのにできない?

auVoLTE対応端末を使用している方にとって、格安SIMを導入するにはいくつか条件がついてしまいます。

VoLTEというのは新しい通話方法であり、普通の通話対応SIMVoLTE対応SIM別物となっています。

そのため、auのVoLTE対応スマホに関しては、SIMロック解除をしてからでないと格安SIMが使えません。

2014年後半くらいからの最新機種auスマホ購入した方は、VoLTE対応端末の可能性が大のため、格安SIMを考えているのであれば必ずチェックをしておいてください。

auのVoLTE対応スマホがSIMロック解除できる条件

まとめ

いざMVNOのSIMカードデビュー!したら、あれっ?そんなはずでは・・・となりそうなところを挙げました。

この他にも思いつき次第上げていきます。

それでは、良いSIMカードライフを( ´ ▽ ` )ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA