SIMカードの始め方:MVNOへの乗り換え手順

MVNOに乗り換える手続き

格安SIMをうっている、MVNOSIMを使って通信費を抑えたいけど

手続きって何がいるのかしら?SIMカードってどうやって使うのかしら?

という方に向けて

新しいSIMカードを使いはじめる手順について、簡単に流れをまとめました。

MVNOでSIMカードセット端末を購入する場合も、同じです。

データ通信のみの場合

通話はほとんどしない、してもIP電話LINEでなんとかする、と考えていて

データ通信だけのプランSIMカード契約する方。

SIMカードを先に申し込み、SIMカードが到着してから今のキャリアの解約をしましょう。

(先に今のキャリアを解約してしまうと通信できなくなってしまいますからね。)

手順はこのような流れです。

  1. SIMカードMVNOから購入
  2. 届き次第、今のキャリアを解約(使わないのであれば)
  3. 届いたSIMカードをスマホや端末に挿して使う

1.SIMカードをMVNOから購入

申し込み手続き必要なのは次の3つです。
・本人確認書類
・連絡の取れるメールアドレス
・本人名義クレジットカード

2.届き次第、現キャリアを解約(使わないのであれば)

キャリア解約は基本的に、キャリアの店舗・ショップ・電話で行います。

3.SIMカードを挿して使う。

通話+データ通信の場合

通話もするし、インターネットもする!という方。

こちらの方が大多数だと思いますが

MNP手続きが必要になります。

MNPというのは、電話番号変えず他社回線乗り換えることを言います。

例えば今までも、auを使っていた人が、docomoに乗り換える時、同じ手続きをしていました。

※乗り換え後に電話番号が変わっても良い方、新規契約の方は手続きの必要はありません。

この乗り換え手続き(MNP手続き)ですが、

前のキャリアと同じ系列のMVNO移行する場合でも必要です。

例えば、auスマホを使っていた人が、au系MVNOUQ mobileに乗り換えをする際にもMNP手続きは必要です。(使う電波はauのものと同じですが会社が違いますので)

それでは、乗り換え手続き(MNP)をしてから、SIMカードを使い始める流れを見ていきましょう。

→実際の手続き報告記事:MNP手続きを電話でしてきた(au編)

  1. 今のキャリアでMNP手続きをする(電話や店舗など)
  2. MNP予約番号をもらう
  3. その場で今のキャリアを即解約か
    乗り換え先の準備が整うまで通信するかを選択
  4. 乗り換え先MVNOでSIMカードの申し込み
  5. 届いたSIMカードをスマホや端末に挿して使う

1.今のキャリアでMNP手続きをしに行きます。(キャリアのショップ・店舗・電話)

ショップの場合は本人確認書類、電話の場合は契約している電話番号からの電話が必要です。

2.MNP予約番号をもらいます。(有効期限は15日間のため、早めに次のお手続きをば)

この予約番号は乗り換え先の手続きに必要となるので、保管しておいてください。
そして有効期限が15日で、その間に乗り換え手続きをする必要があります。

15日以内に手続きを終えなかった場合、自動的に今のキャリアで契約更新がされます。
例えば、auでMNP手続きをしたあと15日間何もしないでいても、そのままauを使い続けることになるだけで、解約はされません。

3.その場で即解約か・乗り換え先の準備が整うまで通信するか選択

即解約の場合は、その場でスマホの通信や通話ができなくなります。

またMNP手続きの場合は、乗り換え先のSIMカードを使い始めたら
自動的に解約する方法も選ぶことができます。こちらの選択がほとんどでしょう。

4.乗り換え先MVNOでSIMカードの申し込み

このときに必要なのは次の4つです。
・連絡の取れるメールアドレス
・本人名義クレジットカード
・本人確認書類
MNP予約番号(期限に余裕があるもの)

MVNOによって、予約番号の期限に制限があるので、注意です。
予約番号をもらって、5日以内の申し込みであればどこも問題ありません。

→実際の手続き報告記事:MNP手続きからmineoのSIMカードの申し込み一部始終

5.SIMカードが届くので、スマホに挿して使う

即解約にしなかった場合、乗り換え先MVNOのSIMカードで通信・通話をした瞬間、自動解約されます。

(番外編)データSIMから通話対応SIMの移行

番外編ですが、データ通信用のSIMを使っていて、通話機能もつけたくなった場合の手続き手順です。

この場合、データ通信用SIMを解約し、新たに通話対応SIM契約購入となります。

  1. MNPが必要であれば、MNP手続きをする
  2. MVNOに通話機能SIMの申し込み
  3. 通話機能付きSIMカードが送られくる
  4. データ通信用SIMを解約
  5. 新しいSIMカードを挿しなおして使う

この際、ほとんどのMVNOではデータ通信用SIM利用料金は1ヶ月分請求ではなく、1日単位で換算されて請求されるため、契約タイミング気にせず手続きができます( ´ ▽ ` )ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA