格安SIMや格安スマホによる節約

格安SIMや格安スマホでスマホ代を安くできる

SIMや、SIMフリー、SIMロック解除という言葉をテレビや、電車内の広告でよく見かけるようになってきました。

SIMとスマホは関係があることを知っている方は多くなってきたのではないでしょうか。

なぜ、SIMフリーや、格安スマホが世間に出てきたのか、それは

====スマホ代を従来より安くすることができるからです=====

スマホにかかっているお金は、大体が

  • データ通信費
  • 通話料
  • 端末代(スマホの機種代

です。これらを

  • 格安SIMデータ通信費節約
  • 格安SIM通話料節約
  • 格安スマホでスマホ本体の料金安く

することができるようになります。

具体的な例を取り上げてみます。これは私の例ですが

格安SIM購入する

  • データ通信料:au LTEフラット(LTE標準プラン)7,486円
  • auスマートパス、誰でも割加入 -2,872円
  • スマホ本体代:2,700円
  • 合計:月々7,314円

格安SIM購入した>※mineoSIMカードを購入

  • データ通信料:mineoの3GBプラン(通話付き):1,510円
  • mineoの留守番電話サービス:300円
  • スマホ本体代:0円(2年間使い続けたauのスマホをそのまま使用)
  • 合計:月々1,810円

参考記事:格安SIMのmineoについて1ページで解説

なんと、7,314→1,810円、すなわち【月々5,504円】のスマホ代節約することができました。

現在は、それまで使っていたau電波をそのまま使いながら、特に大きな変化もなく、スマホを使い続けることができています。

私の例は1例です。その人のスマホの使い方によっては、もっと節約できる方もいます。

とはいえ、何から始めたらいいんだ?!手続きは?!何がどうなってるの?!という方のために、

このサイトでは、格安SIMや格安スマホを考えている方たちの背中をちょっとでも押すことを目的として作られています(´▽`)

SIMと、SIMフリーと、格安SIMと、MVNOと

格安SIMとは、一言でいうと「比較的安い料金で、データ通信や通話が出来るスマホに挿すカード」といったところでしょうか。

SIMという単語だけ聞いている方もいると思いますが、実際の名前はSIMカードといって、スマホに入っているこんな小さいカードのことなんです。

simカード

実は、私たちのスマホタブレットは、この小さいSIMカードのおかげで、通信通話をすることができるような仕組みになっています。

→参考記事:SIMとはなんなのか解説

格安SIMが出る前から、私たちのスマホや携帯電話にはこのSIMが入っていたんです。

このSIMによって、通信キャリア(au,docomo,softbank)に、このスマホはどれだけ通信して、どれだけ通話した、という情報がいく仕組みなのです。

この情報は、通話料の計算や、データ通信上限を超えた通信速度制限する場合などに使用されます。

今までは、特にSIMカードを取り出してうんぬん、などする必要がなかったため、日の光を浴びていませんでした。

そこで出てきたのが、SIMロック解除です。このSIMロック解除がされることで、今までauならauSIM,docomoだったらdocomoSIMしか使えなかった制限が解除されました。

この状態はまたの名を「SIMフリー」といいます。

このSIMフリー化によって、SIMフリースマホや、格安SIMが現れるようになりました。

このSIMフリーの状態では、他の会社のSIMを使っても良いことになります。

そこで、比較的安くSIMカードを販売する会社が出てきました。

この会社は、厳密にいうとSIMカードだけを売っているのではなく、3代キャリア(au,docomo,softbank)から通信回線を借りて、それも売っています。すなわち、SIMカードはそこの会社のものだけど、使う電波は(au,docomo,softbank)のうちのどれかになる、ということです。

わかりやすく言いますと、私の場合は、mineoSIMカードを使っているけれど、au系SIMカードなので、使っている電波auといった形になります。

この、SIMカード電波(通信回線)をうっている会社は【MVNO】と呼ばれています。

→参考記事:SIMとMVNOとは、かんたん解説

私が使っているmineoMVNOの1つです。基本的に、格安SIMとか、SIMカードを売っている会社はほとんどMVNOです。

このMVNOは近年増えてきていて、そのMVNOによってSIMカード特徴も違っています。

スマホ代の節約を考える方たちは、これらの多くの選択肢の中から自分にあったプランを選び、通信費などを節約することができるのです。

→参考記事:格安SIMの選び方、おすすめ6点

安さにこだわっているMVNO,品質にこだわっているMVNOなどなど様々ですので、情報収集はある程度必要になりますね。このサイトもその一助になれば幸いです。

→参考記事:auの電波が使えるMVNOの比較とおすすめ

SIMフリースマホと格安スマホとは

SIMフリーによって、キャリアが扱っているスマホでなくても、購入して使うことができるようになります。

例えば、イオンスマホもその1つ。


auショップなどで買わなくても、このSIMフリースマホを買って、格安SIMも買って挿し込めば、日常的に使えるスマホにすることができます。

キャリアショップで扱っているスマホは、5~7万くらい普通にしますよね。それを考えたらものすごく節約ができてしまいます。

SIMフリースマホではなくても、auの中古スマホなどを買って、格安SIMを挿すといった使い方もありです。

このSIMフリースマホですが、SIM業界では白ロムという呼ばれ方もしています。

→参考記事:白ロムをおすすめできるのか考えてみる

格安SIMや格安スマホを始める前の注意点

しかしながら、注意をする点も多くあります。

SIMフリー化して、節約ができるのは間違ってはいませんが

とりあえずスマホにSIMカードを挿せば使えるわけではありません。

スマホSIMカードで組み合わせによっては、SIMフリーに対応していなくて通信ができない場合もあります。

基本的に、auのスマホならau系のSIMカードを使うなど、キャリアに対応したものを選ぶのが無難です。

最近のSIMフリースマホでは、マルチキャリアとうたって、複数キャリア対応するものも出てきました。(auの電波もdocomoの電波も使えるなど)

SIMフリースマホや、SIMカードを購入する際には、その組み合わせで大丈夫なのかチェックすることは必須です。

他にもチェックしたい点がいくつかありますので

参考記事→格安SIMの注意点をチェックしてSIMフリー化

格安SIMのMVNOへ乗り換えをする手続き

基本的には、MVNOから格安SIMを購入して、届いたSIMカードを実際にスマホに挿せば使えます。

購入の際に必要なのは、だいたいが次の3つです。

  • 身分証明書
  • 連絡がとれるメールアドレス
  • クレジットカード情報

これらを準備してSIMカードを購入します。

電話番号を変えずに乗り換えをする場合は、別途「MNP手続き」が必要となりますので

ちょっと手間は増えます。

→参考記事:auのMNP手続きを電話でしてきた

→参考記事:mineoへのMNP転入手続き手順

→参考記事:mineoの格安SIMが郵送されてきてから通信するまでの設定手順

この手続きを終えて、格安SIMを挿入、通信・通話ができるようになれば

晴れて格安SIMデビューということになりますね(^^)/

みなさまの快適スマホ生活を応援します(´▽`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加